いましがた TracLightning 3.1.3 をリリースしました。3.1.2 をリリースしてからかなり時間が経ってしまいました。

今回のリリースはメンテナンスを主眼としているため新しい機能などはありません。ちいさなバグをいくつか修正したことと、本バージョンから各 Trac プラグインの egg ファイルを展開した状態でインストールようにしました。

egg ファイルを展開するのは、少しでもパフォーマンスを稼ぐ意味 (それと最初のレスポンスを早くする) で行なっています。その際のチケットは チケット #26414: TracLightningのチューニング方法について にあります。このチケットでは TracLightning に取り込んでいない Trac のチューニング方法もあげていますので興味のある方はご覧下さい。

次回のリリースは 3.2 で Apache と Subversion をバージョンアップして Apache 2.2.x 最新版、Subversion 1.6.x 最新版にする予定です。動作する Subversion 1.7 系の Python バインディングが確保できれば、両方を同梱するかも知れません。

TracLightning や Trac そのもの、同梱しているモジュールのバグを見つけたり TracLightning に対する要望などありましたら TracLightning プロジェクトページまでお願いします。

余談ですが、現時点 (2011-10-24) で Windows 上で動作する Subversion 1.7.x の Python バインディングは CollabNet Subversion Edge 2.1 のみで Trac を Windows で動かすには Subversion Edge 2.1 を使うしかありません。ただし同梱されている Python は 2.7 です。また Apache, mod_wsgi の上で動作するかは未確認です。tracd での動作は確認しています。もう一つの http://souceforge.net/projects/win32svn にある Python バインディングには問題があり動作しません (詳しくは Trac Project #10416 参照)。

Trac と Subversion 1.7.x との組合せの問題は http://trac.edgewall.org/query?keywords=svn17 に上がっています。もし、これ以外に問題を発見したらぜひ教えてください。

それでわ。



5 thoughts on “TracLightning 3.1.3 リリース

  1. お邪魔します、もしご存知でしたら教えてください。
    TortoiseSVN1.7についてです。

    現在TracLightningの2.5.2で運用をしており、SVNは1.6.6になるかと思われます。
    クライアントであるTortoiseSVNを1.7にして利用する人が増えてきており、特に実害はないと考えていたのですが、TortoiseSVNでの「マージ」が1.6と1.7で異なるようです。

    TortoiseSVN1.6からディレクトリ単位でマージされた場合、node_changeテーブルには
    ・ディレクトリがA(追加)された
    ・ファイルがA(追加)された
    と連携されると思われます。

    しかし、TortoiseSVN1.7からディレクトリ単位でマージされた場合、node_changeテーブルには
    ・ディレクトリがC(コピー元からコピーされた)
    しか連携されません。ファイルの情報は全く反映されないのです。

    TortoiseSVN側のマージの仕様が変わったようです。

    これは「TortoiseSVN1.7とSubversion1.6.6の組み合わせ」だけで起きる問題で、
    「TortoiseSVN1.7とSubversion1.7.Xの組み合わせ」では起きないことなのか?
    それとも、今後ずっとこのような仕様になるのか?
    TortoiseSVN1.7側の仕様変更で、Subversionは全く関係ないとすると、TortoiseSVN1.7のマージの挙動を1.6のように戻したいのですが、そのようは設定はあるのでしょうか?
    と、この部分を明らかにしたいと考えています。

    また、TracLightningにnode_changeの情報を持って何かするという機能がもしあると、この挙動の差に何らかの影響を受けるかと思います。

    加えて、私はこれはバグだと思っているのですが、
    TortoiseSVN1.7のテストマージでは
    ・ディレクトリがA(追加)された
    ・ファイルがA(追加)された
    と連携されるように画面に表示されます。
    しかし、実際にコミットすると、はじめに記載したとおりで、そうなりません。

    もしご存知でしたら教えていただけると幸いです。

  2. Subversion/win32 版の 1.6.15 と 1.7 で少し試してみましたが、仰るような状況になりました。この挙動自体は TortoiseSVN ではなく Subversion に関することになります。Subversion changelog を確認してみましたが、どの変更がこれに該当するものはまでは判りませんでした。

    これは単なる推測ですが、この場合のマージでは結果的には [C]opy しているのと同じで、かつ、そのほうが個々のディレクトリ・ファイルを [A]dd するより効率的だからこうなったのではないかと思います。

    Trac の連携で問題になるかどうかは後で試してみるつもりなのです。が、見た感じは特に問題にはならなそうです。

    最後に 1.7 の svn merge オプションを試して行きましたが該当の挙動を抑制するオプションはないようです。

  3. traclightningで2GB以上のファイルはコミットできないなのでしょうか。何度ためしてもTortoiseSVNが延々転送を続ける現象が起きています。しかたなく、SVN://で転送するとOKなんですが、そうするとtracで管理ができないので不便です。

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required