こんにちは。今回はオープングルーヴが開発したオープンソースのブラウザアプリケーション「fulmo(フルモ)」が大幅にバージョンアップしましたので紹介します。

fulmo はブラウザ専用のスクリーンキャプチャーとBTSへのバグレポート機能をもっています。これまでの機能は

  • Webアプリケーションのスクリーンショットを作成し、BTS(バグ管理)に登録
  • BTS(バグ管理)に新規チケット登録
  • 複数のサイトを管理、いつでも切替
  • Trac, Trac Lightning, ciklone に対応
  • 右クリックメニューやツールバーのアイコンからすばやくチケット登録
  • 対応ブラウザ: Google Chrome 12 以降、Firefox 3.6 以降 (IE、Safari、Opera には対応しておりません)

でした。今回、fulmo 1.0 に追加された機能は利用者から要望の多かった

  • Redmine 1.4/2.0 対応
  • 画像の編集機能
    • 図形描画(丸、四角など)
    • テキスト、ぼかし、直線、自由線
    • 保存、ライブラリ・スタンプ機能
    • ドラッグ & ドロップによる添付 (TracDragDrop プラグイン導入サイトのみ) や保存 (Chrome のみ)
    • などの基本的な画像編集機能が備わっています。
  • ドラッグ&ドロップでファイルを保存とチケット添付

スクリーンショット

   
開発の現場で必要な機能が追加され、これまで以上に使いやすく開発を強力にサポートします。

ダウンロードはこちらをご覧ください。

 

インストールについて(環境別)

fulmoを利用するためにはご利用の環境に合わせたfulmoプラグインをインストールしてください。

ciklone以外のBTSである、Trac / Redmine で利用する場合はサーバにプラグインをインストールする必要があります。fulmoはWindows / Mac OSXのどちらでも利用する事ができます。

ciklone(サイクロン)で利用する場合

cikloneでfulmoを利用するためには、ブラウザアドオン(拡張)をインストールするだけで利用することができます。

Trac/Traclightningで利用する場合

Tracでfulmoを利用するためには、サーバ側にTracのXML-RPCプラグインをインストールする必要があります。

ご利用環境に合わせてTracにプラグインをインストールしてください。Trac LightningはXML-RPCプラグインがインストール済みのため、導入済みのプラグインが「有効」になっていることを確認してください。

確認方法は、管理アカウントでTrac Lightningにログインして、「管理」-> 「プラグイン」 -> 「tracxmlrpc1.1.2-r9970」が有効になっていることを確認します。

Redmineで利用する場合

Redmineでfulmoを利用するためには、サーバ側にRedmineの「redmine_fulmo_helper」プラグインをインストールする必要があります。このプラグインは当社がオープンソースにて開発・提供しています。

redmine_fulmo_helperの詳細な情報やソースコードはgithubをご覧ください。

fulmoのオンラインドキュメントはこちらをご覧ください。

Redmineプラグインやfulmoについてのお問い合わせはこちらからお問い合わせください。

皆様のご意見によりさらに使いやすく改良していきます。

 

 


One thought on “fulmo 1.0 リリースと機能紹介

  1. Pingback: 2分でfulmoの便利な機能を理解する ‹ ciklone.com

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required