tracpath をいつもご利用頂きありがとうございます。tracpath のサービスにアクセスできない障害が発生しました。現在は通常通りご利用可能です。影響範囲は以下の通りです。

  • 【障害発生日時】2014/07/09 22:24 – 22:32(約8分間)
  • 【障害の内容】一部インスタンス障害によるアクセス不可 (現在は回復しています)
  • 【影響範囲】一部ご契約アカウントがtracpathサービスにアクセス不可

ご利用の皆様にはご不便をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。

今後の方針

  1. システム可用性向上の検討

チケットのユーザ名表示形式(username_style)の設定

tracpathに新しい機能が追加されました。

プロジェクト内のユーザ名表示書式を指定出来るようになりました。
ユーザ名表示書式の設定ではチケットやWikiなどのユーザ名の表記の仕方を変更することが出来ます。
デフォルトではアルファベット半角でユーザ名が表示されている状態ですが、プロジェクトメンバーが多い場合などはチケット担当者をより簡単に判別出来るように、漢字でフルネーム表示させる事が出来ます。
これらの設定はプロジェクト毎に行う事が出来ます。

ユーザー名の表示形式は以下の3種から選択が可能です

  • $username ユーザ名 (デフォルトではユーザ名のみ)
  • $fullname フルネーム
  • $email メールアドレス

※「$fullname フルネーム」のみを選択してもオンマウスでアドレス等も表示されます。

ユーザ名表示書式の(username_style)の設定方法

設定画面を開く

ユーザ名表示書式の設定はtrac.iniの編集になります。

  1. 管理者権限のあるIDでtracpathにログインします。
  2. チケットをカスタマイズしたいプロジェクトのグローバルメニューから「管理」タブを開きます。
  3. 管理コンソールメニューから「trac」を選択します。
  4. trac編集画面内の「username_style」でユーザ名表示形式の設定が行えます。
    編集画面

ユーザ名表示形式の設定

  1. 表示形式の編集画面では、プルダウンで表示形式を選択出来ます。
    プルダウンメニューから選択

    • $username ユーザ名
    • $fullname フルネーム
    • $email メールアドレス
  2. 選択後、「変更を適用」ボタンをクリックします。
  3. ユーザの表記がフルネーム表記になります。

表示されるメールアドレスやフルネーム自体を変更したい場合には

チケットに表示されているユーザー名等の情報はユーザー登録時の情報です。
ユーザ登録時フルネームは入力必須項目となっていない為、入力されていない可能性もあります。また名前やアドレス等変更したい場合には以下の手順で追加・編集を行ってください。

  1. 管理者権限のあるIDでtracpathにログインします。
  2. tracpathメニューの[ユーザー・グループ]画面を開きます。
  3. ユーザー名が一覧で表示されますので、変更したいユーザーの名前のリンクをクリックします。
  4. 「ユーザー変更画面」が表示されますのでこちらで再編集することが出来ます。
    ユーザー名変更画面

その他tracpathのtrac.iniの設定についてはオンラインドキュメントにまとめていますのでご確認下さい。

ご不明な点はお気軽にお問合せ下さい。

いつも tracpath をご利用頂き誠にありがとうございます。

tracpath の計画メンテナンスを実施予定です。メンテナンス中は tracpath にアクセスすることができません。今回のメンテナンスは tracpath が稼働している AWS EC2 インスタンス変更に伴う施策です。

  • 【実施予定日】: 2014年5月18日(日) 02:00 – 02:30 (5/17土26:00)
  • 【作業時間】: 約30分を予定
  • 【内容】: サーバメンテナンスのためのサービス停止
  • 【サービス】:メンテナンス実施中の約30分間はすべてのサービスにアクセスすることが出来ません。

お客様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い致します。
メンテナンスに関するご質問は、こちらまでご連絡ください。

 
 

tracpath のサービスは影響ありません

こんにちは、オープンソースの暗号化ライブラリである OpenSSL の脆弱性が発表された2014年4月7日以降大きな騒ぎになっており、多くのニュースに取り上げられました。

お客様よりセキュリティに対するお問い合せがあったため、ブログ記事として公開させて頂きます。
tracpath は OpenSSL を利用していますが、脆弱性の影響はありません。脆弱性発表があった以降、すべてのサービスについて調査を実施し、影響がないことを確認しております。

[JPCERT/CC]OpenSSL の脆弱性に関する注意喚起
https://www.jpcert.or.jp/at/2014/at140013.html

[IPA]OpenSSL の脆弱性対策について(CVE-2014-0160)
http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20140408-openssl.html
[IPA]OpenSSL の脆弱性に対する、ウェブサイト利用者(一般ユーザ)の対応について
http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20140416-openssl_webuser.html

もし、脆弱性のある OpenSSL を利用していたら…

証明書の秘密鍵とユーザのパスワード・セッションクッキーの漏えいが主なリスクです。
つまり、証明書は再発行する必要があり、利用者のパスワードは再設定が必要になります。

 
 
 
 

tracpath をいつもご利用頂きありがとうございます。tracpath のサービスにアクセスできない障害が発生しました。現在は通常通りご利用可能です。影響範囲は以下の通りです。

  • 【障害発生日時】2014/04/17 11:49 – 12:00(約10分間
  • 【障害の内容】サーバ高負荷によるアクセス不可になった
  • 【影響範囲】一部ご契約アカウントがtracpathサービスにアクセス不可

ご利用の皆様にはご不便をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。

今後の方針

  1. 処理上のボトルネック調査と対策
  2. 最近リリースされた新機能によるバグの可能性調査と対策
  3. インフラ面での増強
    • サーバスペックの増強
    • サーバ数の増強
    • 負荷の高い利用者環境を移設

2014/04/18 08:30 追記

プログラム上の問題が見つかり対策を実施しました。(特定の処理によりサーバ高負荷状態となる問題)

 いつもtracpathをご利用頂き誠にありがとうございます。
「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の一部を改正する等の法律」が2013年10月に施行されたことにより、2014年4月1日より消費税率が8%に変更となります。

 tracpath は増税後も税込みの「総額」表示とし、実質的に値下げしてサービスをご提供させて頂きます。すでに有料プランにてお支払い頂いているお客様も4月以降新規でお申し込みされるお客様も料金は変わりません。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

お問い合せはこちらからご連絡ください。

tracpath をいつもご利用頂きありがとうございます。tracpath の一部サービスにアクセスできない障害が発生しました。現在は通常通りご利用可能です。影響範囲は以下の通りです。

  • 【障害発生日時】2014年3月13日(木) 10:13 – 10:26
  • 【障害の内容】tracpathが利用しているAWSインスタンスが応答しなくなった
  • 【影響範囲】一部ご契約アカウントがtracpathサービスにアクセス不可

ご利用の皆様にはご不便をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。
AWSのサーバステータスについてはhttp://status.aws.amazon.com/の「Asia Pacific」を参照下さい。

20140304_メンテ

 いつもtracpathをご利用頂き誠にありがとうございます。
tracpath の計画メンテナンスを実施予定です。メンテナンス中は tracpath にアクセスすることができません。 今回のメンテナンスは tracpath が稼働しているAWSのサーバメンテナンスによる施策です。

  • 【実施予定日】: 2014年3月9日(日) 03:00 – 04:00(土曜深夜)
  • 【作業時間】: 約1時間を予定
  • 【内容】: tracpath が利用している Amazon EC2(AWS) のサーバメンテナンスのためのサービス停止
  • 【サービス】:メンテナンス実施中の約1時間はすべてのサービスにアクセスすることが出来ません。

お客様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い致します。
メンテナンスに関するご質問は、こちらまでご連絡ください。

 


 

 

 こんにちは、tracpathの新機能をご紹介します。
チケットのカスタムフィールドに新しい型が追加されました。tracpathはバグ管理、インシデント管理として優れたチケットシステム機能を提供しています。

 多くのご要望を頂いていた「カスタムフィールドのタイプに日付、複数選択、ユーザリスト、チケット番号、日時」などを設定することが出来るようになりました。
チケットのカスタムフィールドに多くのタイプを追加することによって

チケットの入力方法を統一し、表記ゆれをなくすことが可能

になります。

 それでは、カスタムフィールドに追加された新しい型と既存の型を合わせて一覧表にしましたのでご覧下さい。

カスタムフィールのタイプ一覧

No 項目名 説明 イメージ
1 Text(テキスト型) テキスト型はテキストの入力欄を作成し自由入力が可能。入力方式として「テキスト」または「Wiki」が選択可能 Text(テキスト型)
2 Select(セレクト型) セレクトボックスを作成。選択可能なリストデータを作成することが可能 Select(セレクト型)
3 Checkbox(チェックボックス型) チェックボックスを作成。 Checkbox(チェックボックス型)
4 Radio(ラジオボタン型) ラジオボタン型を作成。ラジオボタンは複数の選択肢から1つのみ選択することが可能 Radio(ラジオボタン型)
5 Textarea(テキストエリア) 複数行のテキスト入力欄を作成し自由入力が可能。テキストエリアのサイズを「縦:」「横:」を指定可能 Textarea(テキストエリア型)
6 日付型 テキスト型の入力欄を作成し「日付型」の型チェックが可能。日付型のフォーマットは3種類「YYYY-MM-DD」「YYYY/MM/DD」「YYYY.MM.DD」から選択可能 日付型
7 日時型 テキスト型の入力欄を作成し「日付と時刻」の型チェックが可能。日付型と日時型を合わせたフォーマットは3種類「YYYY-MM-dd hh:mm:ss」「YYYY/MM/dd hh:mm:ss」「YYYY.MM.dd hh:mm:ss」から選択可能 日時型
8 数値型 数値型はテキスト入力欄を作成し、指定した「精度」「桁数」によって数値入力チェックが可能。ただし入力チェックはチケット更新時に検査される。 数値型
9 チケット型 チケット型はテキスト入力欄を作成し、チケットの内容や番号をあいまい検索が可能。検索候補を選択するとチケットNoが選択可能。単一選択と複数選択はどちらかを指定することが可能。 チケット型
10 ユーザ名型 ユーザ型はテキスト入力欄を作成し、プロジェクトに属するユーザ名・メールアドレスの入力を補完する。単一ユーザ選択と複数ユーザ選択を選ぶことが可能。 ユーザー型

チケットを業務に合わせてカスタマイズする

 カスタムフィールドに新しい型のフィールドを作成することが出来るようになったことで、tracpathのチケットシステムはさらに使いやすくなりました。
チケットシステムをさらに便利にする機能を3つ紹介します。

 

チケットのワークフロー管理

 チケット作業が完了した後で、その作業を検証する必要がある場合など、
テストチームが検証するため「確認待ち」ステータスを追加したワークフローが可能です。

 

 エンタープライズ開発のチームはソフトウェアのバグが発見されたとき、バグ発見者と開発担当者、テスターが異なる場合が多く、修正後に開発者がチケットを「完了」とすることはオススメしません。バグ発見者またはテスターによる修正の確認が実施されてから「完了」にするべきです。

 そのために必要なワークフローを定義することが可能です。ワークフローはブログ「チケット管理にオススメするワークフロー設定」で解説しています。

 

チケットのレイアウト

チケットレイアウト機能は、チケットの並び順やグループ化、表示・非表示を管理することが出来る機能です。チケットレイアウト機能を利用することで

  • チケット項目の並び順を変えることができる
  • チケット項目をグループ化することができる
  • チケット項目を非表示にすることができる、簡単に。
  • カスタムフィールドで利用者が追加した項目についても可能
  • チケットレイアウトのための分かりやすい管理画面

詳細はブログ「チケットフィールドのグループ化とチケットフィールドをカスタマイズする」で説明しています。

 

チケットのテンプレート(雛形)

tracpathのチケットシステムはチケットテンプレート機能があります。
特徴として

  • チケットのテンプレートをいくつでも作成することが可能
  • チケット分類に応じたテンプレートを作成可能
  • テンプレート毎にチケットの属性(分類、マイルストーン、重要度)が設定可能
  • テンプレートの編集、削除はプロジェクトの管理者のみ(権限が必要)

詳細はブログ「チケットのテンプレート(雛形)機能の説明」で説明しています。


コミットのメール通気

 

こんにちは、tracpathの便利な機能の紹介です。ソースコードの管理にバージョン管理システムを利用しているときチームメンバーのコミット(commit)を通知して欲しいと思ったことはありませんか。
Git / Mercurial / Subversion のリポジトリで開発作業をしているときチームメンバーのコミットを関係者にメール通知する機能をご紹介します。

 

tracpathはサポートしているバージョン管理システムに対応した柔軟でパワフルなリポジトリ通知機能を持っています。

 

リポジトリ通知の特長

 

リポジトリのコミット通知を受け取りたい場合は、リポジトリにチェックマークを入れるだけでコミット通知されます。これは、Git / Mercurial / Subversion すべてのバージョン管理システムで利用することが出来ます。

コミットを通知する設定

さらに大規模なリポジトリや大規模チーム開発で効果的に利用することが出来る、trunk(トランク)、branches(ブランチ)のパスを指定して特定のコミットのみを通知することが可能です。

例えば

  1. パスを指定する・・・trunk/,branches/ ディレクトリは以下のパスに対するコミット通知させることが可能
  2. ブランチ名を指定する・・・ticket や issue で始まるブランチ名をコミット通知させることが可能

リポジトリ毎のコミット通知設定

 

メール通知の設定方法

 

設定方法はとても簡単です。プロジェクトのリポジトリ毎に設定を行います。グローバルメニューの「個人設定」->「通知」をクリックしてください。

コミット通知の設定方法

 

メール通知される内容

 

開発中のリポジトリにコミットされると関係者にコミット通知メールが自動送信されます。
自動送信されるメールの例を以下に紹介します。ここではすべてHTMLメールになっていますが個人設定でテキストメールに変更することが可能です。

Git のブランチ master-0-2 を作成

git create

Git のブランチ master-0-2 を削除

commit-f11-git-delete

Git のブランチ master-0-2 を更新

commit-f11-git-update

Mercurial のコミット通知

commit-f11-mercurial-create

 

tracpathのコミット通知機能

 

 tracpathはリポジトリのコミット通知機能をだれでも簡単に利用できるようにし、開発を効率的にしたいと考えています。社内のリポジトリに便利な機能を設定したり、環境を構築したり、、、tracpathを利用すれば、開発者にとって必要な開発環境の整備や保守に時間を使う必要はありません。すこしでも自分たちの製品開発に時間を使って欲しいと考えています。

 コミットをメール通知するメリットとして、
エンジニア全員が他のメンバーの作業状況をリアルタイムに把握することでコードを多くの目に触れさせることに意味があると考えています。
ソースコードのコードレビューに繋がり、ソースコードの最適化アイデアやリファクタリングが議論されることを期待しています。

 すべては「よりよいソースコードにすること」と「製品の品質向上」に繋がると考えています。

ぜひ、リポジトリを利用されているエンジニアの方は「リポジトリのコミット通知機能」をご利用ください。


Gitによるクローズドなリポジトリサービス tracpath