Suvbersion / Git / Mercurial のリポジトリを tracpath にインポートする機能がリリースされております。外部リポジトリをサイクロンに移行(Git / Subversion / Mercurial) をご確認ください。
以下のエントリーは古い情報となります。


こんにちは。

サイクロンをご利用されている皆様よりよくあるお問い合わせ内容について、これまで社内開発で利用しているリポジトリをサイクロンのリポジトリに移行したい。というお問い合わせがあります。

リポジトリには、コミットログ、ソースコードの差分、コミットしたユーザなど多くの情報が記録されており、プロジェクトの大切な資産の1つです。開発環境が変わったり、クラウドサービスを利用し始めたり、ソフトウェア開発のインフラはセキュリティが担保された上で、より便利で効率的な方法に移行することがあります。

このとき、これまで開発で利用していたリポジトリを新しい環境に移行して、開発を継続するための方法をバージョン管理システム Subversion,git,mercurialに合わせて手順を説明します。

現バージョンのサイクロンではユーザがSubversionの移行をするためには、データを当社に送付して頂く必要があります。今後のバージョンアップでユーザによるデータ移行が可能になります。ご期待ください。

Subversion の移行

はじめに

Subversionリポジトリをサイクロンに移行します。リポジトリの履歴を含めたデータの移行方法について説明します。履歴を含めない場合、エクスポート・インポートコマンドによりリポジトリの移動が可能です。

Subversionの場合、ユーザのみで移行するための機能が実装されていないため以下の手順となります。

  1. (ユーザ)のリポジトリからダンプファイルを生成
  2. ダンプファイルを当社に送付(セキュアなファイル受け渡し)
  3. ダンプファイル受領後、約1営業日内にユーザ領域にインポート
  4. あなたのアカウントでサイクロンにログインし、リポジトリを確認

1. リポジトリからダンプファイルを生成

サイクロンに移行したいリポジトリを svnadmin コマンドを使ってダンプします。

svnadmin dump  >
svnadmin dump /var/svn/project-1 > project-1.dmp

複数リポジトリがある場合、各リポジトリ毎にダンプファイルを作成してください。
ユーザの環境はWindows/Linuxどちらの環境でも問題ありません。OSに関係なく移行することができます。

2. ダンプファイルを当社に送付

ダンプファイルを当社に送付頂きます。送付前に当社にご連絡ください。
セキュアなファイル送付方法を提示いたします。

当社に送付頂くデータの扱い

にて説明しています。ご希望があればNDA(秘密保持契約)も可能です。お問い合わせください。

3. ダンプファイルのインポート

ユーザから送付されたダンプファイルを受領後、利用者のアカウントにインポートします。
これは約1営業日内の作業時間が必要となります。ご了承ください。

4. 通知とご確認

インポートが正常に完了後、ユーザに通知いたします。通知を受けましたら利用者のアカウントでサイクロンにログインしてください。
正常に移行されているか確認をお願いします。

さいごに、サイクロンのリポジトリURLからチェックアウトを行います。正常にチェックアウトされれば移行作業は完了となります。


One thought on “Subversionのリポジトリを履歴保持したままcikloneに移行する方法

  1. Pingback: Git のリポジトリを履歴保持したまま ciklone に移行する方法 « ciklone.com

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required