ciklone blogをご覧の皆さま、こんにちは!

cikloneは、チーム主導によるアジャイルソフトウェア開発を実現できる「ソフトウェアエンジニアのための開発プラットフォームを提供するクラウドサービス」です。この点で、管理者が進捗を管理するだけ、説明のためのWBSを作成するだけの、従来のプロジェクト管理システムとは全く異なっています。

アジャイルって何?という方もいらっしゃると思いますので、念のため、Wikipedeiaによると:

アジャイルソフトウェア開発 (アジャイルソフトウェアかいはつ、: agile software development) は、ソフトウェア工学において迅速かつ適応的にソフトウェア開発を行う軽量な開発手法群の総称である。近年、アジャイルソフトウェア開発手法が数多く考案されている。 ソフトウェア開発で実際に採用される事例も少しずつではあるが増えつつある。

j0434854

私達は、ソフトウェア開発に重要なキーワードは次の3つだと考えています。

  1. だれでも簡単に使える情報共有基盤
  2. チーム開発の進捗を管理し、課題・バグに漏れなく対応するためのシステム基盤
  3. ソフトウェア開発のライフサイクルで作成される成果物・ソースコードを管理するためのシステム基盤


cikloneを使って情報共有・課題管理を実現するには

ソフトウェア開発に重要な3つの要件を実現するために、cikloneは次のソリューションを提供しています。

  1. バージョン管理システム
  2. ソースコード管理と連携したバグ管理システム(BTS)
  3. チーム開発の進捗、wikiによる情報共有システム

cikloneを利用する事で、情報共有や課題管理を実現するシステム基盤が60秒であなたのチームに導入できます。そして、システムをあなたのチームに適用するための、ciklone導入・運用サポートが柔軟に対応します。

ciklone導入サポートで解決!

「ciklone導入サポート」を利用することで、これまでバージョン管理システムやバグ管理システム(BTS)を使ったことがないユーザに対してもスムーズに導入し、チームのため、エンドユーザのためのシステム開発が実現できます。

  • cikloneプロジェクト管理システムの導入
  • 管理者向け教育
  • 一般ユーザ向け教育

お客様は当サービスにより

  • システムをスムーズに導入できます。
  • 教育コストを削減し、先進的なクラウドサービスのメリットを享受できます。
  • 過去に導入がうまくいかなかった場合も、導入~運用まで十分サポートします。

チーム主導での開発が重要

さて、チーム主導での開発とは何でしょうか?

あなたのチームに、次の項目があてはまるかどうか、ちょっと考えてみて下さい。

  • 管理者の効率化を優先し、進捗報告は数字だけによる管理をしている。進捗率30%は本当なのか?
  • 現場のプログラマーまで、エンドユーザの声が届かない。プログラマーにとってベストな機能を開発。方向が違うのでは?
  • 障害情報、クレーム情報、エンドユーザ要求・・・日々大量のメールが流れ、忘れ去られているのではないかという不安があるのでは?

もしも、上記項目のどれかに思いあたる点があれば、チーム開発の進め方、ルール、仕事のやり方に改善の余地があります。あなたのチームでも考えてみてはいかがでしょうか?

私達が理想とするのは、「エンドユーザ、管理者、開発者の情報格差を減少させ、必要な情報を必要な人に伝える」ことです。
正しい情報が伝えられて初めて、正しい答えを見つけることができます。


Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required